【昭和大学附属病院(東京5病院・神奈川3病院)】のインタビュー

東京都・一般病院・専門病院・大学病院

昭和大学附属病院(東京5病院・神奈川3病院) (しょうわだいがくふぞくびょういんとうきょうごびょういんかながわさんびょういん)

笑顔と丁寧な関わりを大切にしています

オルタネイト
  • 消化器外科
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 北海道医療大学出身

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

日々の関わりの中で、患者さんが元気になっていく姿をみられるところです。手術後間もない、患者さんにとって一番つらい時期から関わり、水分や食事の開始、挿入されているドレーンの抜去など、少しずつ手術前の元気な姿に戻り患者さんが笑顔で嬉しそうに退院される姿を見るたびにやりがいを感じます。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

どんな時でも笑顔で丁寧に接することを大切にしています。患者さんの中には「看護師さんは忙しいから」と言いたいことやしたいことがあっても遠慮をしてしまう方もいらっしゃいます。看護師は患者さんに関わる時間が長く、患者さんからの情報を一番キャッチしやすい立場にいるので、患者さんが言葉や気持ちを遠慮せずに表出できるような接し方を心がけています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

就職説明会で看護部の方、実際に働いている看護師の方から話を聞く機会があり、新人教育が充実しているところに魅力を感じて、当院に就職を決めました。入職時は新しい環境に対して多くの不安がありましたが、プリセプターをはじめ、先輩看護師の方々が優しく指導してくださり、患者さんとの関わりやケア、疾患の知識や看護技術など多くのことを深く学ぶことができました。

看護学生のみなさんへ!

勉強や実習で日々忙しいと思います。しかし、学生時代の経験や学びは仕事をしていくうえで糧になってくれます。今しかできないことや学べないこともたくさんあると思うので、悔いの残らない学生生活にしてください。また、昭和大学病院に少しでも興味のある方はぜひ一度インターンシップに参加して昭和大学病院の雰囲気を確認してみてください。素敵な看護師になれるよう一緒に頑張っていきましょう。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

入職してから一緒に頑張ってきた同期の存在が大きいと思います。同期とは月1回くらいのペースで集まって、仕事の悩みや困ってることなどを共有し、相談したり、励ましあったりしています。そのおかげでこれまで何度も壁にぶつかることはあっても乗り越えることができました。これからもお互いに高めあっていけるような関係でありたいと思っています。