【昭和大学附属病院(東京5病院・神奈川3病院)】のインタビュー

東京都・一般病院・専門病院・大学病院

昭和大学附属病院(東京5病院・神奈川3病院) (しょうわだいがくふぞくびょういんとうきょうごびょういんかながわさんびょういん)

スタッフの成長が私ののやりがいです

オルタネイト
  • 救急病棟
  • 看護師
  • 職歴16年
  • 昭和大学保健医療学部出身

現在のお仕事について教えてください。

私が働いている部署は、救命救急センターの後方病棟で24時間緊急入院を受け入れています。主な疾患は外傷、循環器疾患、心肺停止蘇生後脳症、脳血管疾患、精神科疾患を含む全科対応しています。人工呼吸器を装着した患者さんから自立している患者さんまで、幅広く看護を実施しています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

私の部署では診療科も多く、多職種との連携を重視し「チーム医療」を意識して働いています。患者中心性を考え、多職種でカンファレンスを行い、スタッフ一丸となって質の高い看護を目指して取り組んでいます。

看護学生のみなさんへ!

毎年多くの新人さんが入職し、私の部署にも配属されてきます。最初は覚えることも多く、大変な事も多いですが、一つ一つOJTを実施し、部署全体で新人さんを支えています。多職種と連携し、患者さんが回復していく過程を支える大事な仕事です。先輩と一緒に、是非一緒に働きましょう。