【東邦大学医療センター】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター (とうほうだいがくいりょうせんたー)

いつも笑顔を忘れずに患者さんに丁寧に関わることのできる助産師を目指して!

オルタネイト
  • 産科
  • 看護師
  • 助産師
  • 職歴1年
  • 山形県立保健医療大学出身

現在のお仕事について教えてください。

先輩助産師の指導を受けながら、分娩介助や褥婦・新生児に対する産後の母乳育児支援や指導を実施しています。また、切迫早産などで入院している妊婦の処置やケアも行っています。経腟分娩だけでなく、帝王切開術の介助や術後の観察を行うことで、少しずつ自分でできることが増えてきました。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

赤ちゃんにおっぱいをうまく飲ませられなかった褥婦に対し、自分が授乳の手技や方法を指導したことで、その褥婦が退院する前に、「うまく飲ませられるようになりました」と笑顔で声をかけてくれた時、やりがいを感じます。
2年目となり、先輩のサポート無しでもケアや処置を1人でしっかり実施できた時は、「できなかった自分」から「できる自分」へと成長したことを実感できるので、やりがいを感じます。

看護学生のみなさんへ!

私が産科病棟で働きたいと思ったきっかけは、「赤ちゃんが好きで、赤ちゃんと関わることのできる仕事につきたい」という思いでした。看護師として、助産師として今産科病棟で働くことができていることを誇りに思います。看護学生の皆さんは、勉強に実習に大変だと思いますが、就職活動を行う際は、実際に病院のインターンシップに参加することをお勧めします。佐倉病院でお待ちしています。

東邦大学医療センターの他の先輩の声もチェックする