【東京歯科大学市川総合病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東京歯科大学市川総合病院 (とうきょうしかだいがくいちかわそうごうびょういん)

他職種と協同しながら、患者さまを支えています

オルタネイト
  • 手術室
  • 看護師
  • 職歴4年
  • 広島国際大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

部署ではメンターやクリニカルコーチが指導してくれるのはもちろん、研修では新人教育担当者が指導してくれます。また、新人教育担当師長が専任でいるため、困ったことや悩み事を相談できる環境です。このような新人看護師の教育体制が整っているところが大きな魅力でした。さらに、手術室に1年目から配属可能であったことが決め手となり、当院を志望しました。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

手術室看護師は、患者さまの状態や予定している術式・リスクを踏まえた手術の進行を予測して、準備を進めていきます。手術が滞りなく進み、患者さまの侵襲が少なく手術を終えた時に達成感とやりがいを感じています。

印象に残っているエピソードを教えてください。

初めて1人で手術についた時が印象に残っています。緊張と不安がありながらも医師や臨床工学士など、他職種と協力して手術を終え、患者さまが無事に退室された時、手術室スタッフの一員として認めてもらえたと感じました。