【東京歯科大学市川総合病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東京歯科大学市川総合病院 (とうきょうしかだいがくいちかわそうごうびょういん)

先輩との振り返りで確実に成長できます

オルタネイト
  • 消化器内科
  • 外科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 淑徳大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

2つあります。1つ目は、新人教育体制が充実していることに魅力を感じたからです。基礎中の基礎ともいえる看護技術から一つ一つ丁寧に、一人でできるようになるまで手厚い指導を受けられる環境が整っていると思いました。2つ目は、インターンシップで看護体験をした際に、ナースコールが鳴るとすぐに患者さんの元に向かう姿勢加え、PNSであるため看護師同士が常に声を掛け合いながら働いている姿が好印象だったからです。

入職して感じた病院・病棟の良いところを教えてください

新人看護師が1日でも早く自立して業務が行えるようにと、教育体制が整っています。集合研修に限らず、病棟での教育も充実しています。先輩は反省点だけでなく、良い点も丁寧に振り返りを行ってくれるため、確実に業務を覚え成長できます。また、PNSであるため、先輩の良いところをリアルタイムで吸収でき、まだ未熟な新人看護師でも先輩と共に業務を行うことで、より安全に看護を提供できていると感じています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

勉強を並行して進めることは大変ですが、勉強した内容を実際に現場で活かせたときはとても嬉しいです。
また、病棟には手術に対して大きな不安を抱えていたり、術後合併症などにより入院期間が延びてしまう患者さんもいます。手術や入院という非日常的な日々を当院で過ごした患者さんが手術や術後の経過を乗り越え、元気な姿で退院されるととても嬉しくやりがいを感じます。

印象に残っているエピソードを教えてください。

手術後数日の担当患者さんが発熱した際、術後日数に応じたあらゆる合併症を予測した上で全身状態の観察を行い、医師に報告しました。数日後、元気に病棟内を歩いている患者さんから「あの時はありがとう」と言ってもらえました。その時私は素直に嬉しかったのと同時に、命と責任の重さを痛感しました。また、新人の私でも患者さんにできることはあって、もっと勉強をして知識を増やしたいと思いました。