【東京歯科大学市川総合病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東京歯科大学市川総合病院 (とうきょうしかだいがくいちかわそうごうびょういん)

PNS体制の良さを実際に感じながら、日々学んでいます

オルタネイト
  • 外科
  • 産婦人科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 共立女子大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

まず、PNSは自分自身と患者さんにとって安全で安心な看護提供ができて、とても魅力に感じました。また、看護技術研修などの教育体制が充実していることも当院を選んだ理由の一つです。現場で必要な知識や技術を、整備された看護手順に基づいて確認ができるため、安心して実践することができます。PNS体制や教育体制が充実していることから、日々安心して現場で看護を提供することができます。

入職して感じた病院・病棟の良いところを教えてください

私の病棟は明るく温かい雰囲気で、いつも先輩が側で気に掛けて、丁寧に指導してくれます。PNS体制により、パートナーの先輩と患者情報を共有して看護を実践することで、自分の知識不足の項目に気付き、日々成長に繋がっていると感じます。また、患者対応やアセスメントの判断で悩んだ時には、報告・連絡・相談ができるパートナーが常にいるため、解決できています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

患者さんやご家族から「ありがとう」「あなたに会えて本当に良かったよ」「話を聞いてまらって楽になりました」という言葉をかけてもらった時や、笑顔をいただいた時に一人の看護師として患者さんやご家族の役に立つことができたのかなと嬉しさとやりがいを感じます。

印象に残っているエピソードを教えてください。

癌の多発骨転移・半身麻痺で全身状態が悪化し、毎日とても辛そうな中でも、笑顔で「ありがとう」と感謝の気持ちを看護スタッフに伝えてくださる患者さんがいました。その患者さんのケアを先輩と実施している時に、動かなかった左手が少し動くようになり、患者さんと共に喜んだことがとても印象に残っています。共に辛さや喜びを分かち合うことはこんなにも素晴らしいものなんだと初めて実感することができました。