【東京歯科大学市川総合病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東京歯科大学市川総合病院 (とうきょうしかだいがくいちかわそうごうびょういん)

PNSによって安心で安全な看護提供を実践しながら日々学んでいます

オルタネイト
  • 内科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 札幌保健医療大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

インターンシップに参加した際に、温かい病院の雰囲気と患者さんとの良き関係や看護師同士の良い関係を感じ、私もこの病院で先輩達と働きたいと思い入職を決めました。

入職して感じた病院・病棟の良いところを教えてください

やはり、PNSだと思います。日勤は二人でペアを組むことで安全かつ的確に看護提供ができます。1年生にとって、先輩と共に動くことで不足な知識を補っていただきながら、先輩の考え方や技術をたくさん吸収できる機会が増えるため、PNSを導入している当院を選んで本当に良かったと思います。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

泌尿器科病棟に所属していますが、、手術という非日常的な出来事に対し、不安を抱く患者さんは多く、看護師の手術前後の関わりがとても大事です。その為、日々勉強することは多いですが、患者さんやご家族が笑顔を見せてくれた時や元気に退院されたときに、とてもやりがいを感じます。

印象に残っているエピソードを教えてください。

癌性疼痛が強く、自力での体動が困難な患者さんのベッド上での洗髪を実施できた場面で、洗髪が終わった後、「すごく気持ちが良かったよ。ありがとう」と言っていただけた事です。疼痛状態に合わせながら、全介助の清潔ケアが実施できたことで、今後も大切に関わっていきたいと思いました。