【東京歯科大学市川総合病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東京歯科大学市川総合病院 (とうきょうしかだいがくいちかわそうごうびょういん)

重症患者の多い病棟でもPNSで安全安心な環境で学ぶことが出来ています

オルタネイト
  • 循環器内科
  • 心臓血管外科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 了徳寺大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

病院見学会での丁寧な説明や病院の設備が整っているのを実際に見て、働きやすい雰囲気の良さを感じました。また、PNS体制によって、新人が先輩の側で直接的に技術や知識を学べることができて、安心だと思い、この病院に入職しようと決めました。

入職して感じた病院・病棟の良いところを教えてください

ECUがあることで重症かつ、急性期の循環器内科と心臓血管外科の看護が見れて、とても学びになります。一般床での回復期看護もパートナーの先輩に指導を受けながら、実践することができて、技術や知識を覚えやすいです。また、足りない知識や技術を補ってもらえ、同時に教えてもらえることはPNSならではの良いところだと実感しています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

意識の無い状態で入院した患者さんが無事治療を終え、一人で歩いて笑顔で退院される姿をみた時にとてもやりがいを感じました。自分の看護の一部が少しでもその患者さんの回復に役に立てたことを感じて、頑張って良かったと思いました。

印象に残っているエピソードを教えてください。

初めて担当した患者さんが退院した後に、外来受診の際に病棟までわざわざ、お顔を見せに来てくれた時に偶然会うことができました。笑顔で元気に話される姿を見れて、とても嬉しい気持ちでいっぱいになることができました。