【東京歯科大学市川総合病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東京歯科大学市川総合病院 (とうきょうしかだいがくいちかわそうごうびょういん)

スタッフ同士のコミュニケーションが活発で雰囲気が良い病院です

オルタネイト
  • 精神科
  • 神経内科
  • 脳神経外科
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 千葉大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

当院を選んだ理由は2つあります。1つ目はPNS体制を導入していることです。先輩看護師とペアで働くことで直接、看護の知識や技術を学ぶ機会が多くあり、看護師としてのスキルアップが望めると思いました。もう1つは、インターンシップに参加して感じた病院の雰囲気の良さです。患者さんやご家族に対する対応がとても丁寧であったことはもちろん、部署のスタッフ同士も活発にコミュニケーションをとっている姿が印象的でした。

病院選びで重視した点は何ですか?

新人看護師の教育体制が整っており、確かな知識や技術を得ることができる病院を選びたいと考えていました。また、看護師という仕事は自分1人だけでは完結せず、他のスタッフと密に関わりながら働くというイメージがあったため、コミュニケーションが活発で雰囲気の良い病院で働きたいと思っていました。入職後は温かく見守ってくださる部署の先輩方に支えられながら看護師として日々自分の成長を感じることができています。

入職して苦労したこと、嬉しかったことや良かったことを教えてください

私が配属された部署では意識障害のある患者さんが多く、最初は患者さんとの関わり方が分からず困ってしまうことも多くありました。しかし、部署の先輩方が意識障害のある患者さんにも優しく丁寧に声を掛けている姿を見て、自分も同じように接するよう心掛けました。すると、患者さんの小さな表情の変化や眼の動きに少しずつ気付くことができるようになり、患者さんの心に少し近づけたような気がしてとても嬉しかったです。