【東京歯科大学市川総合病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東京歯科大学市川総合病院 (とうきょうしかだいがくいちかわそうごうびょういん)

一人ひとりに寄り添った看護ができる看護師を目指しています

オルタネイト
  • 循環器内科
  • 心臓血管外科
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 秀明大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

当院を選んだ理由の1つ目は自分がなりたい看護師像と当院のスタッフの働く姿が一致していたことです。過去に当院を受診した際に当院のスタッフが患者さん一人ひとりに寄り添って働く姿を目にして、自分もそうなりたいと思いました。2つ目はPNSを導入していることです。先輩看護師とペアになって看護業務ができることで疑問や不安をすぐに相談でき、一つ一つの業務や技術が確実に習得できると思いました。

入職して苦労したこと、嬉しかったこと、良かったことは何ですか?

1つずつできることが増えていくことがとても嬉しいです。今では注射や採血など学生の時にはできなかった技術もできるようになりました。また、技術の習得だけでなく患者さんとの関わりもとても楽しく思います。落ち込んだ日やうまくいかない日でも「あなたが来てくれると安心する」と声をかけていただいたり、笑顔で「ありがとう」と言っていただいたり、元気になって退院される姿をみると看護師になってよかったと思います。

新人研修の特徴や役に立ったという点を教えて下さい

コロナ禍のため、研修は開催時間や人数制限などが考慮された環境の中で行われます。先輩看護師が病院の特色から看護技術まで丁寧に教えて下さるのでとても分かりやすいです。看護技術の研修では、資料を用いた説明後にビデオを視聴し、実際にシミュレーターを用いて実践します。最後には確認テストがあり復習にもなるので、一連の流れを通して理解が深まります。学生の時に実習が少なかった私にとっては自信に繋がりました。