【セコメディック病院】のインタビュー

千葉県・一般病院・医療法人社団誠馨会

セコメディック病院 (せこめでぃっくびょういん)

明るく笑顔で患者に寄り添い、心の支えとなれるような看護師を目指します!

  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 看護師
  • 職歴3年
  • 千葉学園高等学校出身

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

私は消化器外科で働いています。外科の特色として、部屋持ちをしながら手術前後の患者様を受け持ちます。手術日には突発的な事も多く、とても忙しくなります。そのため、業務内でしっかり優先順位をつけて仕事をしないと「緊急性が高い業務が後回しになっていた」「どれから手をつけてよいかわからない」という事態に陥ってしまいます。また、手術後の患者様は急変が多いため「観察力」も大切で、日々特に意識しています。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

看護師1年目の時、病棟の主任が私の教育担当をしてくださっていました。私は人一倍要領が悪く、頭の回転も遅いため、仕事がうまくいかず、周りの同期はできているのに…と焦り、毎日涙しては食事も食べられないような状態にまでおいつめられていた時期がありました。そんな時、主任に話を聞いてもらい「他人は他人、ライバルは昨日の自分だよ!」という言葉を頂いて、すごくはげまされ、今日まで頑張ってくることができました!

看護学生のみなさんへ!

気になる病院は見学・インターンシップに参加することをおすすめします。実際の現場の雰囲気を知り、自分がそこで仕事をすることをイメージできる所が良いと思います。日々の業務量や責任の重さは、学生の頃には想像もつきませんでした。それでも頑張ろうと思えるのは自分でこの病院を選び、病院に選んでいただけたからです。自分が「どんな看護をしたいか」ということをじっくり考えて選んでほしいと思います。