【亀田メディカルセンター】のインタビュー

千葉県・一般病院

亀田メディカルセンター (かめだめでぃかるせんたー)

第一希望配属先だった救命救急外来で頑張っています!夢に繋がる「力」を確実に学べる環境です。

オルタネイト
  • 救急科
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 川崎医療短期大学出身

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

第一希望の配属先であった救急外来に配属されましたが、大変なことも多いです。でも患者さまが危険な状態を抜け、ご家族もスタッフも、みんなで笑顔になれると「頑張って良かった!」とやりがいを感じ、頑張ってこれました。初めは怖いという想いが強かったんですが、最後までやりきることができたり、先輩の助けを借りずにできたりすると「よっしゃ!」って嬉しくなります。できることが増えていく実感が、自信に繋がっています。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

一番は同期の仲間です。社宅のメンバーはみんな地方から一人で来ていて、同じ境遇で同じ気持ちの人が近くにいることは心強いです。部署は違っても、悩みを話すと、みんな同じようなことで悩んでいて、「自分だけじゃないんだ」「みんなも同じなんだ」と共感することが多いです。先輩は、仕事に関する指導は厳しくて落ち込むこともありますが、オフの時は優しくフォローをしてくれて、また頑張ろうと思うキカッケを作ってくれます。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

学生の頃から、客船の医務室に在籍するシップナースになることが夢です。以前、当院で働いていた船医の経験がある医師と話す機会があり、具体的な話をたくさん聞くことができて、よりリアルなイメージになりました。亀田は1次~3次の背景の異なるあらゆる症状の患者さまを看られることが魅力です。知識も技術も、ココで学べることは無駄なことが一つもないし、全てが夢に繋がっていると実感できる充実した日々を過ごしています。