【杉並リハビリテーション病院】の看護師(ナース)就職・転職・求人・採用情報

東京都・専門病院

杉並リハビリテーション病院 (すぎなみりはびりてーしょんびょういん)

 回復期リハビリテーション専門病院です。回復期では多職種連携で患者様にかかわり、入院生活はその全てがリハビリテーションとなります。各スタッフは患者様の『食事・排泄・更衣・清潔・睡眠・活動・コミュニケーション』に向き合い、その患者様にあった最善の方法を日々相談しています。そうすることが患者様の能力を最大限引き出すことにつながり、在宅復帰につながります。

住所 〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-5-5
病院種別
  • 専門病院
病床数 101床
職員数 170名
看護職員数 45名
看護体系 15対1
募集職種
  • 看護師
  • 准看護師
勤務形態
  • 交代制
  • 正規職員
  • 看護宿舎
  • 奨学金制度
  • 退職金制度
  • 保育施設
  • 被服貸与
  • 教育制度

転職募集要項

募集要項
勤務形態
  • 交代制

2交代(日勤8:30~17:30 夜勤17:00~9:00)

募集職種
  • 看護師
  • 准看護師
応募資格

看護師資格・准看護師資格

経験年数
必要書類
履歴書
資格免許証コピー
待遇と勤務
雇用形態
  • 正規職員
正規職員
月額給与

モデルケース(看護師5年目の一例)2014年度実績

条件 合計 基本給 諸手当
大卒 308,400円
短大卒 304,800円
看護学校3年卒 304,800円
看護学校2年卒 304,800円
高校専攻科卒 301,300円
月額給与内訳 基本給+住宅手当(30,000円)+夜勤手当(52,000円/月4回)
基本給:大卒226,400円/短大・看護学校3年・看護学校2年卒222,800円/高校専攻科卒219,300円 
・2014 年度新卒 実績(参考) 基本給:大卒212,500円/短大・看護学校3年・看護学校2年卒209,100円/高校専攻科卒204,100円
その他の諸手当 通勤手当・時間外手当
勤務時間 2交代勤務
①日勤 8:30~17:30
②夜勤 17:00~9:00
勤務地 杉並リハビリテーション病院(東京都杉並区)
昇給・賞与 昇給/年1回 賞与/年2回
休日 月平均10日(年間120日)
休暇 有給休暇・特別休暇・出産・育児休暇・介護休暇 等
加入保険制度 各種社会保険完備
看護宿舎
進学・キャリアアップ支援制度
退職金制度
保育施設
被服貸与
教育制度
その他福利厚生 保養所(軽井沢荘・山中湖さくら荘・那須たんぽぽ荘)・療養費見舞い金制度 等

病院基本情報

杉並リハビリテーション病院
設置体
  • 医療法人

医療法人社団瑞心会 

病院種別
  • 専門病院

回復期リハビリテーション病棟

日本医療機能評価機構認定 有 (Ver.5)
病床数 101床
職員数 170名
看護職員数 45名
看護体系 15対1
住所 〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-5-5
交通機関1 JR中央線西荻窪駅徒歩2分
代表電話番号 03-3396-3181
FAX 03-3396-3186
URL http://suginami-reha-tokyo.jp
院長 門脇 親房
看護部長 園田 祝美
外来患者数(1日平均) 25名
入院患者数(1日平均) 97名
診療科目数 2科
診療科目
  • 内科
  • リハビリテーション科

お問合せ先

お問合せ部署

総務課

担当者名

大山徳郎

所在地

東京都杉並区西荻北2-5-5

お問合せ部署電話番号

03-3396-3237

E-mailアドレス

info@suginami-reha-tokyo.jp

専門病院について

身につくスキル

専門病院で身につくスキルとしては、特定領域での専門性の高い診療を行っている病院のため、その特定領域に特化した看護スキルを経験することが可能である。専門病院で働いているスタッフは、職種に限らず特定領域の経験が豊富な為、専門家の中で経験を積むことが出来る。初めからがんや小児など特定分野での専門性の高いスキルの習得を目指す場合は、短期間の中で自分の希望する成長をする事が可能である。但し、特定領域に特化した内容が多いために同じ期間のキャリアを形成した場合にも比較的、一般病院のような多種多様な経験をすることは難しく途中でキャリアチェンジを希望する場合は、キャリアの有利・不利が出てくることもあるようです。

特徴

専門病院の特徴とは、特定の医療領域における診療機能が拡充されていて、その限定的な領域における医療は、診療機能が著しく専門的な機能を附帯した医療機関である。特定領域となる領域は、医療機関によって様々であるが、一般的には、がん医療や小児医療の機能がその対象である場合が多くある。専門病院では、専門性の高い医療機能を提供しているため、一般病院ではあまり利用することの少ない特化型の医療機器や環境が整備されていることも多くある。また、専門病院のスタッフは、その経験が専門家としてのキャリアを積んでいる場合がそのほとんどである。一般病院で対応が難しい場合など、医療連携による患者紹介から特定領域の患者さんを対応している。