【国立療養所栗生楽泉園】のギャラリー

群馬県・療養型

国立療養所栗生楽泉園 (こくりつりょうようしょくりゅうらくせんえん)

国立療養所栗生楽泉園ギャラリー情報の紹介ページです。キャリタス看護では、病院や医療機関・施設の求人に関する情報を色々な側面からお伝えしますね。
国立療養所栗生楽泉園ギャラリー情報は就職や転職を考える上でも意外と重要な情報が詰まっていますから見逃さないように確認してみてくださいね。国立療養所栗生楽泉園ギャラリー情報で気になる部分があったら是非、見学や面談する機会があった際には質問してみて下さいね。病院や医療機関・施設の特徴でもある場合も多いので、話のきっかけ作りとしても大事な要素です。

じっくり患者さんと関われる看護

 当園の患者の平均年齢は83才と高齢化しています。特に、不遇な時代を耐えてきたハンセン病の患者さんには、残りの人生を充実して過ごしていただきたいと思っています。なかでも、食べることは生きる上で最大の楽しみのひとつであり、その楽しさを実感していただくことを、看護の目標のひとつに掲げています。患者の「食べたい」という思いを大切に、医師が経管栄養を考える方でも、看護師は経口摂取にこだわり看護計画を立てています。日々カンファレンスを重ね、個々のペースや嚥下状態を考え、じっくり食事介助に関わり、「美味しい」と感じていただけるよう努力しています。
 また、体力が衰えていく高齢のQOL保持のためのケア実践は、高齢化社会を迎えた今日、貴方のスキルアップにも必ず役に立ちます。時間に追われることなく、じっくり患者さんに向き合うことができる環境です。ぜひ私たちと一緒に仕事をしませんか。

ライフ・ワークバランスも充実

 日本有数の温泉地である、群馬県の草津町にある施設です。『ハンセン病の治療には温泉が良い』ということから、ハンセン病の人が集まったと言われています。そのため当園には、草津の湯畑から直接かけ流しの温泉があり、患者はもちろんですが、職員もかけ流しの温泉に毎日入れます。また、草津は豊かな自然に囲まれ、夏は避暑地として人気があるほど涼しくとても過ごしやすい気候です。冬、草津国際スキー場へは園から15分程度、アフターファイブや休日も充実させることができます。超過勤務がなく、有給休暇も年間20日認められています。その他、夏季休暇が取れることも大きな魅力です。子育て支援にも力を入れており、小さいお子さんをお持ちの方でも、家庭と仕事が両立できます。
 働きながら趣味も充実したい・時間に追われることなく仕事・看護も充実させたい・・・このような方にとてもよい施設です。

国立療養所栗生楽泉園ギャラリー情報をご覧いただきました皆さんへ

国立療養所栗生楽泉園ギャラリー情報に新しい発見はありましたでしょうか、少しでも興味をもてる内容であれば、資料請求や見学会・インターンシップ等への参加がお勧めです。きっかけは人によって様々ですが、国立療養所栗生楽泉園ギャラリー情報の中で興味をもった内容は、皆さんの就職や転職を考える際に大事な情報の一つにきっとなります。新卒看護師の就職・求人情報や、看護師の転職・求人情報について豊富に取り扱っているキャリタス看護を是非ご活用下さい。