【春山記念病院】のインタビュー

東京都・一般病院

春山記念病院 (はるやまきねんびょういん)

手術室ならではの看護とやりがい

  • 手術室
  • 看護師
  • 職歴7年
  • 岩手県立一関高等看護学院出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

一番の理由は、整形外科領域に元々興味があり、専門的に深く学びたいと思っており整形外科に強みのある当院を志望しました。また、整形外科領域の手術件数も多く、小児から年配の方まで幅広い年齢層の方々と関わることができます。患者さん一人一人の回復に向けて、より良い手術室看護を実践していきたいと思い入職を決めました。病院見学の際に自分の働く姿がイメージできたことも決めてのひとつです。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

手術室では長時間患者さんとコミュニケーションをとるということは出来ません。緊張や不安を抱えて手術を受けに来られる患者さんに対して、少しでも安心して手術を受けてもらえるように、環境を整えるのはもちろん、精神的・心理的な関わりにも気を付けています。また、手術室は外科医、麻酔科医、放射線技師などの他職種ともコミュニケーションをとり協力しながら、手術が安全かつ円滑に進むよう、チームで医療を行っています。

看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。

日々の忙しい業務の中でも常に患者さんに寄り添う気持ちを忘れずに手術室看護を実践していきたいです。また、手術室看護が好きなので、より自己の学びを深め、知識だけでなく技術にも更なる磨きをかけ、看護実践能力を高めていきたいです。そして、患者さんだけでなくスタッフの方々からも頼られる看護師になっていけたらなと思います。