【国立ハンセン病療養所】のインタビュー

東京都・療養型

国立ハンセン病療養所 (こくりつはんせんびょうりょうようしょ)

今やっていることには意味がある

オルタネイト
  • 内科
  • 心療内科
  • 消化器外科
  • 循環器内科
  • 外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 看護師
  • 職歴7年
  • 日本大学医学部附属看護専門学校出身

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

私は何度か転職を経験しています。保健師として地域で母子から老人保健までの予防活動、企業では従業員の健康管理と予防教育。特別養護老人ホームでは施設に入所する老人の看護に関わりました。転職によって人脈も広がり、意味のあるものになりました。過去の積み重ねが現在です。「今やっていることは意味がある」そう思って日々精一杯仕事に取り組んでいます。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

現在3人の子育てをしながら働いています。毎日が慌ただしく子供と接する時間は限られ、子供達には寂しい思いをさせているかもしれませんが、自分なりに充実した日々を送っています。今は、子供が母の背中を見て、将来「看護師になりたい」と言ってくれることを目標に、仕事に精一杯取り組んでいます。