【国立ハンセン病療養所】のインタビュー

東京都・療養型

国立ハンセン病療養所 (こくりつはんせんびょうりょうようしょ)

その人らしさを大切に、あたたかい看護をめざしています。

オルタネイト
  • その他
  • 看護師
  • 職歴19年
  • 鹿児島中央看護専門学校出身

現在のお仕事について教えてください。

全国の国立ハンセン病療養所の中で最も小さな療養所で勤務しています。末梢神経麻痺や視覚障害などのハンセン病後遺症と高齢により様々な合併症を持ちながら暮らす入所者が、日々の生活に喜びを感じ充実した生活を送れるように看護を提供しています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

患者さんの身体の回復や笑顔と「ありがとう」の言葉に今までやってきた事に達成感があります。看護師の仕事は大変ですが、自分を成長させる事ができます。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

自分の仕事に責任をもって取り組むよう心がけています。また何年目であっても、わからないことはそのままにせず、上司や他スタッフに報告・連絡・相談をすることが大切だと思っています。