【静岡県立病院機構】のインタビュー

静岡県・一般病院・専門病院・精神科

静岡県立病院機構 (しずおかけんりつびょういんきこう)

静岡県立総合病院 産婦人科で働いています。

オルタネイト
  • 産科
  • 婦人科
  • 看護師
  • 助産師
  • 職歴1年
  • 静岡県立大学大学院出身

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

私が心掛けていることは、患者さんや家族の方と接する際に、笑顔で接すること、そしてできる限り患者さんの声に耳を傾けることです。昔、家族が入院した時、看護師さんが話を聞いてくれる姿やその笑顔に、患者本人や家族が元気をもらい、ホッと安心できたのを今でも覚えています。環境が違う入院生活において、不安なことや辛いこと、嬉しかったことなど何でも話せ、患者さんに寄り添える看護師になれるよう心掛けています。

看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。

私は、専門的な知識と高い技術を持った、母子に寄り添える助産師になりたいと思っています。助産学生として静岡県立総合病院の産婦人科で実習した時、専門的知識を持った質の高い助産を見て、理想とする助産師像がより明確になりました。その助産師像を目指し、まず安全に分娩のお手伝いができる助産師になれるよう、赤ちゃんとお母さんの2人の命を預かるという責任を持ち、先輩方に指導してもらいながら日々精進しています。