【藤田医科大学ばんたね病院】のギャラリー

愛知県・一般病院・大学病院

藤田医科大学ばんたね病院 (ふじたいかだいがくばんたねびょういん)

藤田医科大学ばんたね病院ギャラリー情報の紹介ページです。キャリタス看護では、病院や医療機関・施設の求人に関する情報を色々な側面からお伝えしますね。
藤田医科大学ばんたね病院ギャラリー情報は就職や転職を考える上でも意外と重要な情報が詰まっていますから見逃さないように確認してみてくださいね。藤田医科大学ばんたね病院ギャラリー情報で気になる部分があったら是非、見学や面談する機会があった際には質問してみて下さいね。病院や医療機関・施設の特徴でもある場合も多いので、話のきっかけ作りとしても大事な要素です。

高度かつ安全な医療と地域医療への貢献

藤田医科大学(旧校名:藤田保健衛生大学【2018年10月10日校名変更】)の第二教育病院で、名古屋市中心部に位置し、生命の誕生から急性期、回復期、緩和ケアまで、地域のニーズに幅広く応える中核病院です。認知症支援、退院支援、地域との交流にも力を入れ、地域の健康を一丸となって支えています。2017年には愛知県より地域医療支援病院に承認されました。近接する市区町村をはじめとして、地域のみなさまの健康への貢献を目指し、地域住民に向けた「ばんたね看護セミナー」や地域の多職種の方々を対象とした研修会、さらには地域のお祭りにも参加し健康相談などを行っています。「より身近な顔が見える看護師」として、患者さんの気持ちに寄り添い、理解できる豊かな感性と人間性の育成に注力しています。

2人1組で「対話」を重視。一人ひとりの成長を全員で支えます

当院には、出産を迎えるお母さんから、認知症患者さんまで、幅広い患者さんが来院されます。そのため患者さんそれぞれの疾患や気持ちに寄り添い、対話ができる力の養成に注力しています。入職1年目は基本的なナーシングスキルの習得が目標です。安全・安心な看護を一人でできるようになれば、2年目以降、希望に応じて退院支援や認知症支援などにチャレンジすることも可能です。現場では2人1組で患者さんを受け持つ、パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)を導入しています。先輩と新人看護師においても対話を重視し、お互い遠慮なく話し合える環境づくりを行っています。面倒見の良さ、新人想いの先輩方の技術・知識を1つでも多く吸収し、スキルアップにつなげてください。

2017年に地域医療支援病院に承認!退院前後訪問により地域の健康と安心を支えます

退院後も医療依存が高く、支援を必要とする患者さんに対して、退院前訪問、退院後訪問による支援を行っています。退院前訪問では、退院後に過ごす部屋の物品配置から、動線の確認、手技についてご家族向けのパンフレットを作成。退院後訪問では、必要な処置を問題なく実施できているか確認とともに、患者さんやご家族の悩みにも耳を傾けます。「家で過ごしたい」「自宅で看たい」その想いを支え、患者さんやそのご家族の不安を少しでも取り除けるように様々なサポートに取り組んでいます。

藤田医科大学ばんたね病院ギャラリー情報をご覧いただきました皆さんへ

藤田医科大学ばんたね病院ギャラリー情報に新しい発見はありましたでしょうか、少しでも興味をもてる内容であれば、資料請求や見学会・インターンシップ等への参加がお勧めです。きっかけは人によって様々ですが、藤田医科大学ばんたね病院ギャラリー情報の中で興味をもった内容は、皆さんの就職や転職を考える際に大事な情報の一つにきっとなります。新卒看護師の就職・求人情報や、看護師の転職・求人情報について豊富に取り扱っているキャリタス看護を是非ご活用下さい。