【杏林大学医学部付属病院】のインタビュー

東京都・大学病院

杏林大学医学部付属病院 (きょうりんだいがくいがくぶふぞくびょういん)

先輩看護師と患者さんに見守られて成長しています。

オルタネイト
  • 呼吸器外科
  • 消化器外科
  • 看護師
  • 職歴4年
  • 帝京平成大学出身

現在のお仕事について教えてください。

呼吸器・甲状腺・消化器外科の混合病棟で勤務しています。主に手術を受ける患者さんが多いですが、保存的に治療を受ける方、化学療法や放射線治療を受ける方、終末期の患者さんなど様々です。患者さんの年齢層も幅広く、対象疾患も様々なので日々たくさんのことを学んでいます。

看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。

看護学生のとき、指導していただいた先生から”この人に頼れば大丈夫と思ってもらえるような安心感を与えられる看護師になりなさい”という言葉が今でも忘れられません。患者さんは様々な気持ちを抱えて入院生活を送っています。日々の関わりの中で体調管理だけでなく、精神的な支えとなることも看護師の役割だと感じています。様々な視点をもって患者さんと関わり、安心感を与えられるような看護師になりたいです。

看護学生のみなさんへ!

看護師になって1年目の時、学生の時、気付けなかった疑問が出てきたり、分からないことも多く、先生に質問しておけばよかった...勉強しておけばよかった...と思うことがよくありました。実際に仕事をしてみて気付くこと、初めての事ばかりで日々学習です。毎日の学習や試験・実習などで大変なことが多くあると思いますが、学生の時に感じた疑問、学習意欲は働いてからも役に立つので頑張って下さい!!