【杏林大学医学部付属病院】のインタビュー

東京都・大学病院

杏林大学医学部付属病院 (きょうりんだいがくいがくぶふぞくびょういん)

チームワークを大切に、根拠に基づいた知識と技術で安心できる看護を心がけています。

オルタネイト
  • 内科
  • 看護師
  • 職歴10年
  • 岩手県立大学出身

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

患者さんが笑顔で退院されるときはとても嬉しいですが、何より患者さんの心の声を聞けた時に一番やりがいを感じます。その声は体を拭いている時の「あー、気持ちいい」という一言だったり、治療や病気に対する「本当に辛い」という言葉だったり様々です。会話の中で患者さんが病気を抱えながら生活していくことへの不安や心配事、辛い気持ちを私に話してくれた時は、看護師として信頼をしてくれた気がし、やりがいを感じます。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

新入職者の教育システムがしっかりしており、集合教育と病棟でのOJTで看護師に必要な基本的技術を習得できるようになるため、安心して学び、看護師として成長していけるのではないかと思い入職を決めました。また、病院見学に参加した時に、先輩方がテキパキと働く姿を見て、私もこうなりたいと感じました。

看護学生のみなさんへ!

学生の時に勉強してきたことは就職してからも必ず役に立ちます。特に病態生理、疾患に対する治療と看護はどの診療科に配属されても重要で必要不可欠な知識です。国家試験の為だけではなく、働き始めてからもその知識が活かせるようしっかり勉強しておくと入職後とても自分の助けになります。入職後も知識や技術の習得には先輩看護師が細やかな指導をしてくれるので安心して下さい。一緒に働けることを楽しみにしています。