【杏林大学医学部付属病院】のインタビュー

東京都・大学病院

杏林大学医学部付属病院 (きょうりんだいがくいがくぶふぞくびょういん)

周囲の先輩スタッフに支えられ看護をし、日々成長することができます。

オルタネイト
  • 外科
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 桐生大学出身

現在のお仕事について教えてください。

現在私は、SICU病棟で働いています。SICUは主に手術後の患者さんが入院する集中治療室です。そこで私は手術後の合併症の予防に努め、手術前の生活スタイルに近づけていく為の看護ケアを行っています。患者さんの滞在日数は短いですが、手術後の辛い状態の患者さんと多く関わることができる部署です。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

仕事をするにあたって私は患者さんの前で笑顔を意識し、思いに耳を傾ける様に努めています。その中で、患者さんの思いに寄り添うことにやりがいを感じています。また、手術の侵襲等により状態が不安定な患者さんに対し、看護ケアを行うことで回復する姿が看られることも大きなやりがいの一つです。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは、まずその様な状況になった理由(ミスをした理由)をしっかり考えることです。その様な振り返りをすることはとても大切だと思います。また先輩に相談し思いを打ち明けることも大切なことだと思います。その他、仕事でもプライベートでも充実することができる環境作りはメリハリが付き良い循環を生むため、プライベートで楽しみにしておくイベントを作るようにしています。