【横浜相原病院】の看護師(ナース)就職・転職・求人・採用情報

神奈川県・精神科

横浜相原病院 (よこはまあいはらびょういん)

住所 〒246-0026 横浜市瀬谷区阿久和南2-3-12
病院種別
  • 精神科
病床数 441床
職員数 370名
看護職員数 253名
看護体系 精神一般 15:1. 療養 30:1. 特殊疾患 20:1. 認知 20:1.
募集職種
  • 看護師
勤務形態
  • 交代制
  • 看護宿舎
  • 奨学金制度
  • 退職金制度
  • 保育施設
  • 被服貸与
  • 教育制度

新卒採用要項

募集要項
勤務形態
  • 交代制
募集職種
  • 看護師
応募資格

有資格者または資格取得予定者

募集人員

10名

選考方法
面接
必要書類
履歴書
卒業見込証明書
成績証明書
健康診断書
待遇と勤務
雇用形態
  • 正規職員
月額給与

2011 年度 実績

条件 合計 基本給 諸手当
大卒 212,500円
短大卒 209,100円
看護学校3年卒 209,100円
看護学校2年卒 209,100円
高校専攻科卒 204,100円
月額給与内訳 上記基本給プラス 住宅手当 15,000円. 交通費 上限50,000円/月額
その他の諸手当 夜勤手当 1回 12,600円
勤務時間 日勤: 8:45~17:45
夜勤: 17:00~9:00
勤務地 横浜市瀬谷区阿久和南2-3-12
昇給・賞与 昇給:年1回(4月)  賞与:年2回(7月・12月)
休日 年間120日
休暇 有給休暇.特別休暇.産前産後休暇.育児休暇
看護宿舎
奨学金制度
退職金制度
保育施設
被服貸与
教育制度
その他福利厚生 ディズニーリゾートツアー.軽井沢保養所

病院基本情報

横浜相原病院
設置体
  • 医療法人
病院種別
  • 精神科
病床数 441床
職員数 370名
看護職員数 253名
看護体系 精神一般 15:1. 療養 30:1. 特殊疾患 20:1. 認知 20:1.
住所 〒246-0026 横浜市瀬谷区阿久和南2-3-12
代表電話番号 045-362-7111
FAX 045-362-7306
外来患者数(1日平均) 100名
入院患者数(1日平均) 365名(22.4~23.3)
診療科目
  • 精神科

お問合せ先

お問合せ部署

総務課/看護部

担当者名

鈴木/古口・佐々木

所在地

横浜市瀬谷区阿久和南2-3-12

お問合せ部署電話番号

045-362-7111

E-mailアドレス

kangobu@yokohama-aihara.jp

横浜相原病院就職・求人情報をご覧いただきました皆さんへ

横浜相原病院就職・求人はご希望の条件と合致しましたでしょうか、少しでも気になる部分があれば、医療機関・施設へのお問い合わせをしてみませんか。資料請求をしていただくのもいいですし、まだ、少し比較検討したいなと思う場合は、気になる機能を使ってみてはどうでしょうか。横浜相原病院就職・求人について新着情報があった場合には、自動的に通知連絡がありますので常に最新情報を確認することが出来ます。新卒看護師の就職・求人情報や、看護師の転職・求人情報について豊富に取り扱っているキャリタス看護を是非ご活用下さい。

精神科について

身につくスキル

精神科で働く場合に身につくスキルとしては、多く言われているのは、患者さんに寄り添った看護が出来ることです。一般病院における急性期と異なり、患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら経験を積めるという特徴があります。精神科の患者さんは長期療養の場合が多く、その解決方法は人によって様々と言えます。そのため、時間をかけて看護することが出来ます。一般病院の急性期などでは、業務が多く、時間も限られているので、あまりひとりに対して時間がかけられないという場合がほとんどですが、精神科では、しっかり患者さんに寄り添って仕事ができます。精神科の看護は奥が深いとよく言われていて、寄り添った看護を実践したいと考えている人に向いているようです。

特徴

精神科の特徴としては、長期入院の患者さんが多い傾向があり、患者さんの年齢層も一般的な医療機関に比較しますとかなり幅広いことが一つの特徴と言えます。また、一見すると健康な方と変わらないために病棟が治療の場と言うより生活の場となっており場合も多いことです。更には、長期入院の患者さんもいますが、超急性期的な精神疾患もあります。精神科は、医療機関における診療科の一つとして主に精神障害・精神疾患・依存症・睡眠障害などを診療の対象としていて患者さんは精神疾患を原因として日常生活を送ることが困難になり入院をしています。こういったこと精神科では、患者さんにかわって家族や後見人と連絡をとりあったり、世間話をしたり、季節の行事を楽しめるように工夫をしたりとなる場合もあります。