【板橋区医師会病院】のギャラリー

東京都・一般病院

板橋区医師会病院 (いたばしくいしかいびょういん)

板橋区医師会病院ギャラリー情報の紹介ページです。キャリタス看護では、病院や医療機関・施設の求人に関する情報を色々な側面からお伝えしますね。
板橋区医師会病院ギャラリー情報は就職や転職を考える上でも意外と重要な情報が詰まっていますから見逃さないように確認してみてくださいね。板橋区医師会病院ギャラリー情報で気になる部分があったら是非、見学や面談する機会があった際には質問してみて下さいね。病院や医療機関・施設の特徴でもある場合も多いので、話のきっかけ作りとしても大事な要素です。

看護師としての成長へのサポート体制

 看護師は患者さんから学ぶことが多く、自分の未熟さを痛感して、自信をなくすこともあるでしょう。そんな時、先輩看護師からの一言で救われた経験。「私も泣いたこともあったよ!でも患者さんが待っているから、頑張れた。」
 看護職を仕事として選びスタートする1年目は、大海に一人で漕ぎ出す船員かもしれません。でも、大丈夫。一人ではありません。一人前の看護師に成長していくために、看護職員全員があなたの応援団です。一人ひとりの良さを見極め、良いところを伸ばしていく教育体制を整えています。1年後自分がどんな看護師になりたいか、4つの目標を立て、フォーチュン・フラワーの完成を目指します。フォーチュン(fortune)とは、幸運や財産を意味する言葉です。4つ願いが叶うように、プリセプターが中心となり、サポートします。1年後に4つの花びらが揃って、一輪の花が完成します。それが看護師1年目の成長となります。

エビデンスに基づいた看護実践

 看護師は看護実践として清潔ケアをしたり、自己注射の指導をしたり、様々な患者さんに関わっています。この日々の看護業務の中に、エビデンスや理論があります。清潔ケアは、皮膚の構造や年齢による違いが理解できなければ、適切なケアになりません。積極性に欠ける患者さんに対する指導は、心理学の行動変容や行動強化に関する理論を理解しているとその患者さんに応用できます。このようなことが、「看護は実践の科学である」と言える所以です。身体的にも、精神的にも、社会的にも、その患者さんに見あった看護をするためには、知識を得て、経験することが大切です。
 看護師として専門性を磨くために、クリニカルラダーに沿った院内研修・院外研修、看護研究に力を入れています。患者さんの前に立ったら、最善を尽くす看護をしていくのが看護のプロフェッショナルです。

地域に愛さる病院づくりを共に

 当院は、東京で唯一の医師会病院であり、医師会員と連携をとりながら、救急医療や小児科の休日夜間診療を行い、患者さんにとって身近な病院として地域医療に貢献しています。発熱してしまった、怪我をしてしまったなど、患者さんにとって「何でも相談にのってくれる信頼できる病院」であり続けたいと思っています。
 少子高齢化に進む今、地域で生活しながら医療を受ける「時々入院、ほぼ在宅」という地域完結型への転換期となっています。そこで、看護師は、健康・医療と生活の両方を見れる感性を持ち合わせなければなりません。患者さんの残された機能や家族の介護力、社会資源の活用など、訪問看護師と連携し、その人がその人らしく生活をしていけるよう支援することが求められています。
 患者さんの命を守り、気持ちよく生活できるよう、共に看護をしてみませんか!

板橋区医師会病院ギャラリー情報をご覧いただきました皆さんへ

板橋区医師会病院ギャラリー情報に新しい発見はありましたでしょうか、少しでも興味をもてる内容であれば、資料請求や見学会・インターンシップ等への参加がお勧めです。きっかけは人によって様々ですが、板橋区医師会病院ギャラリー情報の中で興味をもった内容は、皆さんの就職や転職を考える際に大事な情報の一つにきっとなります。新卒看護師の就職・求人情報や、看護師の転職・求人情報について豊富に取り扱っているキャリタス看護を是非ご活用下さい。