【板橋区医師会病院】のインタビュー

東京都・一般病院

板橋区医師会病院 (いたばしくいしかいびょういん)

患者さんの歩んできた人生を尊重し、より良い人生が送られるようお手伝い!

  • 小児科
  • 産婦人科
  • 助産師
  • 職歴14年
  • 国立大蔵病院看護助産学校助産婦科出身

現在のお仕事について教えてください。

助産師として妊娠各期の保健指導や援助に携わっています。助産師としての仕事の醍醐味は、何と言っても分娩介助です。さまざまな経過をたどり、一つとして同じお産はありません。そのため何度経験しても、かなりの緊張感を持ちながらの仕事となりますが、赤ちゃんが無事に生まれてきたときには、大きな安堵感と喜びを感じる、とてもやりがいのある仕事です。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

家庭と仕事の両立が出来るという事を第一に考え選びました。実際入職し仕事を始めてみて、指導がとてもわかりやすく丁寧であり、能力に応じた対応をして頂きスムーズに仕事を覚えられ、職場にも馴染むことが出来ました。最近は、スタッフの平均年齢もかなり若返りました、新しい刺激をもらいながら楽しく働かせてもらっています。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

年齢を重ね様々な経験を通して判断力や分娩介助技術は向上したと思いますが、異常発生時に速やかに対応するというスピード感が落ちてきたように感じる今日この頃です。自分の能力に限界を感じた時にも助産師として働き続けられるよう、乳房ケアについて学び、産後に起こる様々な乳房トラブルに対応できるようケア技術を身につけたいと思います。