【日本大学医学部附属板橋病院】のギャラリー

東京都・大学病院

日本大学医学部附属板橋病院 (にほんだいがくいがくぶふぞくいたばしびょういん)

日本大学医学部附属板橋病院ギャラリー情報の紹介ページです。キャリタス看護では、病院や医療機関・施設の求人に関する情報を色々な側面からお伝えしますね。
日本大学医学部附属板橋病院ギャラリー情報は就職や転職を考える上でも意外と重要な情報が詰まっていますから見逃さないように確認してみてくださいね。日本大学医学部附属板橋病院ギャラリー情報で気になる部分があったら是非、見学や面談する機会があった際には質問してみて下さいね。病院や医療機関・施設の特徴でもある場合も多いので、話のきっかけ作りとしても大事な要素です。

「人間味あふれる看護の実践~JHOSナーシング~」

消化器肝臓内科は専門的治療や緊急入院に迅速に対応しています。
小児内科・外科を主とし、0~15歳の小児全般の看護が学べます
チーム協働して助産・看護実践に取り組んでいます。
消化器外科看護を学べる、明るくチームワークの良い病棟です。

「あなたのやる気」をサポートします!

 救命救急センターは、3次救急対応の初期診療部門と集中治療部門で構成されており、約90名を超える看護師が働いています。母体救命、こども救命、外傷センターの役割も有しており、年間1,500件以上の重症救急患者を受け入れています。疾患は、外傷、脳卒中、心筋梗塞、心肺停止など内因性、外因性を問わず、新生児から100歳を超える高齢者まで幅広い患者さんを対象としています。初期診療看護、災害看護、小児救急看護、心疾患看護、脳疾患看護など、多くの専門領域を幅広く学べます。

手術看護における匠の感性を磨く

 中央手術室は総勢約60名の看護師が勤務しています。部屋数は13部屋あり、消化器外科・脳外科・心臓外科など18診療科における様々な手術を年間約8000例実施しています。平成28年度より泌尿器科でロボット支援下手術(ダヴィンチ)も導入され、特定機能病院として最先端医療に携わっています。
 初めは覚えることも多く大変な印象がありますが、必ず先輩看護師とマンツーマンで手術を担当し、オリジナルの手順書を用いて指導が行われます。手順書は一人ひとりに準備していますので、事前学習や手術後の先輩看護師との振り返りに役立てることができます。個別にプリセプターをつけていますが、一人だけでなくプリセプターグループとして数名の先輩看護師が教育的関わりを持っています。
手術は2~3名の看護師で担当するため閉鎖的に見えがちですが、休日には公園でバーベキュー大会を行うなど和気あいあいと頑張っています。

「ちいさないのち」の笑顔が増えるNICUを目指して

 総合周産期母子医療センターとして高度な新生児医療を提供できる医療機関としての使命を担っています。NICU12床・GCU24床で稼働しています。当病院分娩児だけではなく、他院からも早産児、超低出生体重児や先天性の重い病気を持った児を受け入れ、新生児病科・小児外科の医師と共に24時間体制で児の生命を守っています。赤ちゃんが一日でも早く自宅に帰ってご家族といっしょに過ごせるように,スッタフ全員で赤ちゃんの「不思議な力」を実感しながら、赤ちゃんとご家族のために頑張っています。

日本大学医学部附属板橋病院ギャラリー情報をご覧いただきました皆さんへ

日本大学医学部附属板橋病院ギャラリー情報に新しい発見はありましたでしょうか、少しでも興味をもてる内容であれば、資料請求や見学会・インターンシップ等への参加がお勧めです。きっかけは人によって様々ですが、日本大学医学部附属板橋病院ギャラリー情報の中で興味をもった内容は、皆さんの就職や転職を考える際に大事な情報の一つにきっとなります。新卒看護師の就職・求人情報や、看護師の転職・求人情報について豊富に取り扱っているキャリタス看護を是非ご活用下さい。