【日本大学医学部附属板橋病院】の看護師就職・転職情報

東京都・大学病院

日本大学医学部附属板橋病院 (にほんだいがくいがくぶふぞくいたばしびょういん)

日本大学医学部附属板橋病院 就職・求人情報の概要ページです。キャリタス看護では、日本大学医学部附属板橋病院 就職・求人について詳しくご紹介をし、皆さんの就職・転職活動・キャリア形成をサポートしています。キャリタス看護は、情報を隙間時間でもわかりやすく、スマホからも見やすさを大事にしています。掲載内容は医療機関・施設から直接、寄せられた内容ですから安心して内容をご確認いただけます。日本大学医学部附属板橋病院 就職・求人を更に知ってみたいと思った際には、資料請求・見学会・合同説明会を通じて、エントリーしていただくことがお勧めです。

新卒採用要項

募集要項
勤務形態
  • 交代制

変則二交代制

募集職種
  • 看護師
  • 保健師
  • 助産師

※保健師は看護師業務となります

応募資格

看護師/保健師/助産師養成機関卒業見込の方、または有資格者

募集人員

約170名

選考方法
面接 あり
筆記試験 小論文
その他 適性検査、書類選考あり
必要書類
履歴書 本学指定書式
卒業見込証明書 ※免許証取得予定者のみ
成績証明書 ※免許証取得予定者のみ
その他 准看護師、看護師、助産師、保健師免許証(写し)※有資格者のみ
待遇と勤務
雇用形態
  • 正規職員
月額給与

2018 年 4月 実績

条件 合計 基本給 諸手当
助産師・保健師/Ⓐ 286,300円 221,700円 64,600円
助産師・保健師/Ⓑ 283,400円 218,900円 64,600円
看護師/大学卒 281,900円 217,500円 64,400円
看護師/3年課程卒 280,400円 216,100円 64,300円
看護師/高等専攻科卒 274,500円 210,500円 64,000円
月額給与内訳 諸手当=住宅手当、夜勤手当(準・深夜各4回分)
Ⓐ=大学卒・3年課程卒後1年コース卒 Ⓑ=2年課程卒後1年コース卒
その他の諸手当 住宅手当、家族手当、通勤手当、夜勤手当、時間外勤務手当
勤務時間 39.5時間/1週間
勤務時間説明
勤務名称 勤務時間 備考
日勤 8:00 ~ 16:30
夜勤 16:00 ~ 8:30
勤務地 日本大学医学部附属板橋病院
昇給・賞与 昇給年1回、賞与年2回(6.55カ月/2017年度実績)
※初年度は規定以下の為満額ではありません
休日休暇 年間119日(日曜、祝日、大学創立記念日、年末年始、夏期休暇 ほか)
その他の休暇 慶弔休暇、年次有給休暇(初年度10日、以降1年ごとに2日加算、最高20日、2年間有効)
加入保険制度 私学事業団(健康保険・年金)、雇用、労災
       看護宿舎
病院への通勤が便利な場所に位置あり、ワンルームタイプでオートロック方式。
       奨学金制度
       退職金制度
日本大学共済財団退職金規定により支給
       保育施設
       被服貸与
教育制度
新人教育プログラム
ポートフォリオやスマホを活用した学習と少人数制の教育で,じっくり新人を育てます。
☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,
ナーシング・スキル導入
いつでもどこでもスマホ学習
・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~
看護技術を動画とE-ランニングで確認・習得するオンラインツールです。
学習・習得・テスト機能もあるので自己の知識の確認・復習もできます。

その他福利厚生 日本大学の各学部等所有のセミナーハウスは、1泊2食付で3,000円から4,000円で宿泊できます。軽井沢や山中湖など、数カ所の施設を利用できます。その他にスポーツ施設の割引など、リフレッシュできる環境を提供しています。

お問合せ先

お問合せ部署

庶務課

担当者名

人事担当

所在地

東京都板橋区大谷口上町30-1

お問合せ部署電話番号

03-3972-8111

内線3913

E-mailアドレス

jinji.itabashi@nihon-u.ac.jp

日本大学医学部附属板橋病院就職・求人情報をご覧いただきました皆さんへ

日本大学医学部附属板橋病院就職・求人はご希望の条件と合致しましたでしょうか、少しでも気になる部分があれば、医療機関・施設へのお問い合わせをしてみませんか。資料請求をしていただくのもいいですし、まだ、少し比較検討したいなと思う場合は、気になる機能を使ってみてはどうでしょうか。日本大学医学部附属板橋病院就職・求人について新着情報があった場合には、自動的に通知連絡がありますので常に最新情報を確認することが出来ます。新卒看護師の就職・求人情報や、看護師の転職・求人情報について豊富に取り扱っているキャリタス看護を是非ご活用下さい。