【千葉県立病院】のインタビュー

千葉県・一般病院・専門病院・精神科

千葉県立病院 (ちばけんりつびょういん)

多くの問題を抱えた患者さまへチームでアプローチし、患者様の喜びや安心に繋がった時やりがいを感じます。

オルタネイト
  • 外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 看護師
  • 職歴3年
  • 国保小見川総合病院付属看護専門学校出身

現在のお仕事について教えてください。

 外科・整形外科・形成外科など他科の患者さまが入院している混合病棟で勤務しています。緊急入院が多く、看護師の観察やアセスメント、チームワークがとても大切な仕事です。患者さまや先輩から学ぶことが多く充実した日々で、あっという間に入職3年目となりました。今以上に患者さんの力になれるよう、さらなる成長のため仕事に邁進したいと考えています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

 救急医療センターへ救急搬送されてくる患者さまは、心身ともに傷ついている方が多く、心の内を私たち看護師へ打ち明けてくれることがあります。そのような時に何ができるか考え、チームへ相談や共有を行い患者さまへ看護できたとき、患者様の喜びや安心に繋がると感じました。
 患者さまの喜びや安心した様子など、一つ一つの患者様の反応が私にとってのやりがいです。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

 緊急入院によって不安や苦痛を抱えている患者さまの心に寄り添う看護を心掛けています。患者さまや家族の目線に立ち、身体的・精神的にサポートしていくためにはどうしたらよいのか、日々考えて仕事をしています。