【千葉県立病院】のインタビュー

千葉県・一般病院・専門病院・精神科

千葉県立病院 (ちばけんりつびょういん)

PNSが看護師にとっても患者さんにとっても「安全」、「安心」に繋がっています

オルタネイト
  • 神経内科
  • 形成外科
  • 耳鼻咽喉科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 高知大学出身

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

 こどもが少しでも安心して入院生活を送ることができるように一緒に考えられる看護師になりたいと思い、看護師になることを決めました。
 現在の病院へ入職を決めたのは、インターンシップに参加したことがきっかけです。病院の概要や理念だけでなく、実際に病棟で働く看護師の姿を見たことが一番参考になったと思います。   

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

 小児の看護をしたいと考えていたので、こどもの看護をする上での知識や技術が学べる病院として、小児専門病院を中心に資料を集めたり、病院見学に行きました。調べていく中で、看護師は夜勤など体力を使う仕事でもあるため、休日には身体を休めて仕事に臨めるように、福利厚生が充実していることも働くうえで重要な条件であると考えるようになりました。  

看護学生のみなさんへ!

 看護体制はPNS(パートナーシップ・ナーシングシステム)を取っています。幅広い年齢のこどもが入院しているため、こども一人ひとりの発達段階に合わせたケアや処置をすることが難しく、戸惑いや不安がありました。しかし、PNSを実施しているため、その日看護を行う上で生じた疑問・不安について先輩と相談できるので、とても心強いです。