【千葉県立病院】のインタビュー

千葉県・一般病院・専門病院・精神科

千葉県立病院 (ちばけんりつびょういん)

同期と切磋琢磨し一年間を過ごすことができます

オルタネイト
  • 脳神経外科
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 千葉県立保健医療大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

 センターに実習に来たことから、全国でも珍しい独立型の高度救命救急センターであるため、急性期における高度な技術や知識を学べると考え入職を決めました。また実習で感じた病棟の雰囲気の良さと、公務員であるため福利厚生が充実している点も決め手となりました。病院は大学からも近く、なじみの土地であったため、入職してからも生活圏内が変わらないことも魅力でした。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

 日に日に患者さんが回復していく姿を見られることにやりがいを感じ、嬉しく感じます。初めて行う技術や知識の習得に時間がかかり、最初は苦労しました。また、自分の業務だけでなく、他の患者さんとの兼ね合いなどを考えながら多重業務に追われることが大変でした。病棟では、先輩方が声をかけてくださったり、わからないことがあればすぐに聞ける環境があり、周囲と協力し合いながら仕事ができることが良かったと思っています。

看護学生のみなさんへ!

 クリニカルラダーに則った研修が組まれており、実践に生かせる研修が多いことがセンターの特徴だと思います。心電図モニターの読み方や、バイタルサイン測定など基礎的なことはもちろん、様々な病態についての知識も深めることができ、すぐに業務に生かすことができます。また、死について考える研修や、リフレッシュ研修など日ごろの業務でたまった思いや感情を発散できるものなど、多岐にわたる研修があります。