【小張総合病院】のインタビュー

千葉県・一般病院・医療法人社団 圭春会

小張総合病院 (こばりそうごうびょういん)

患者様が安心して療養生活を過ごせるよう援助していきます。

オルタネイト
  • 脳神経外科
  • 看護師
  • 職歴3年
  • 聖和看護専門学校出身

現在のお仕事について教えてください。

現在は3階A病棟に配属しています。3A病棟は脳神経外科、神経内科、消化器内科の患者様が多く入院されてます。仕事内容としては、脳梗塞や脳出血などにより麻痺などの後遺症が残った方への療養生活をサポートしたり、患者様と医師の間に入り、患者様が安心して療養生活が送れるようにサポートしております。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

看護師として仕事に携わる中で患者様が日々の療養生活の中や退院時に「ありがとう」などの感謝の言葉を頂くことです。また、日々の療養生活で症状が改善したり、麻痺があり動けなかった患者様が歩行をしている姿を見た時などは、自分自身とても感動し、看護師を志してとても良かったと思います。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

へこたれた時は、自分が信頼を寄せる先輩に相談するようにしています。1人で考えるよりも自分より経験が豊富な先輩に相談することで的確なアドバイスを受けることができます。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

病院選びの中で大切にしていたことは、この病院に就職をして自分がどのように成長できるかを考えることが大切だと思います。また、1度病院に足を運んでもらい、病院全体の雰囲気などを自分で体験するのがとても大切だと感じます。

看護学生のみなさんへ!

当院は急性期病院であるため、日々学ぶことが多くあります。忙しい毎日を送っていますが、自分の成長も実感できています。就職活動はとても大変で悩むことも多いと思いますが、当院で皆さんと働けることを心からお待ちしております。