【聖隷佐倉市民病院】のインタビュー

千葉県・一般病院

聖隷佐倉市民病院 (せいれいさくらしみんびょういん)

患者さんもスタッフも多くの笑顔が見られ、とても魅力的に感じました

オルタネイト
  • 消化器外科
  • 看護師
  • 保健師
  • 職歴2年
  • 淑徳大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

病院内がとてもよい雰囲気だったからです。いくつかの病院で実習やインターンシップに参加させていただきました。その中でも当院では患者さんもスタッフも多くの笑顔が見られ、とても魅力的に感じました。
また、患者・看護士間で信頼関係が構築されていることを1日のインターンシップで感じることができました。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

教育体制だと思います。当院ではキャリアラダーに沿ってそれぞれステップを踏んでいきます。「こんな看護師になりたい」「こんな看護をしたい」と思った時に実践できるように手技だったり、患者さんの思いをくみ取るための技術を磨いていく必要があると考えています。
また、職場の働きやすさも重要だと思います。当院では新人1人に1人のプリセプターがつくのではなく、数人の新人に対して2人のプリセプターがいます。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

技術や知識が不足していることからインシデントを起こしてしまうこともあり、落ち込むことがありました。
しかし、先輩たちが悩みを聞いてくれたり、起こしたインシデントを振り返るだけでなく、勉強会を開いてくれたりと一緒に悩んで考えてくれたのがとても嬉しかったです。
また、先輩たちには、看護師としてだけではなく、社会人1年目としても様々なことを教えてもらいました。