【津田沼中央総合病院】のインタビュー

千葉県・一般病院・ケアミックス

津田沼中央総合病院 (つだぬまちゅうおうそうごうびょういん)

自分の理想の看護師像を見つけてください!それが貴方の大切な原点です。

オルタネイト
  • リハビリテーション科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 千葉県立幕張総合高等学校出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

地域医療に特化しているところ、回復期リハビリテーション科という他院では聞いたことがなかった科があったことです。
入院から回復期まで、さらには入院後の在宅看護もここでは出来ると知り、津田沼中央総合病院に決めました。
他の病棟に移られた患者さんのADLが上がっていたり、以前より表情豊かにお話されている姿を見ることが出来るので、すごく嬉しく、良いなあと思います。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

実習の中で、自分の理想の看護師像が出来たので、それが実現できるか、又は自分の目指す看護に近い理念の病院かを聞いて、
実際に病院を見て決めました。
そういった目標があると、何かあったときに一度原点を振り返って、自分はこの病院で何がしたいか、学びたいかを思い出して、
またそのために頑張ろうと思えるきっかけになると思います。

看護学生のみなさんへ!

今はきっと辛いこと、困難なことが多いと思います。
その中でも、患者さんからの一言だったり、仲間の存在だったり、嬉しいことを時折でも思い出してみてください。
皆さんとお会いできることを楽しみにお待ちしております!