【津田沼中央総合病院】のインタビュー

千葉県・一般病院・ケアミックス

津田沼中央総合病院 (つだぬまちゅうおうそうごうびょういん)

患者さんの良い変化に気づいて伝えられるような看護師になりたいんです。

オルタネイト
  • リハビリテーション科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 千葉県立保健医療大学出身

現在のお仕事について教えてください。

私は、回復期リハビリテーション病棟で1年目看護師として勤務しています。
回復期リハビリテーション病棟は、急性期を脱した患者さんが集中的にリハビリに取り組み、安心して自宅や施設などに戻ることが出来るように多方面から支援していく病棟です。
在宅復帰してからの患者さんの生活を想像し、日々の日常生活援助や退院調整を他職種と連携しながら実施しています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

回復期リハビリテーション病棟において患者さんのリハビリへのモチベーションを維持していくことが大切な役割の一つだと考えています。
そのため、ちょっとしたことであっても患者さんの良い変化に気づいた時にはそのことを患者さんにしっかり伝えて行くように心がけています。
そうすることで患者さんが前向きにリハビリに取り組めるのではないかと思うからです。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

入院患者さんの中には、身体の変化など入院前とは大きく状況が変わり、退院後の生活に不安を抱えている方も多くいらっしゃいます。
患者さんが安心してリハビリに取り組めるよう心身のケアを実施していく事はもちろん、患者さんに寄り添い、患者さんとのそのご家族が安心して退院後の生活を遅れるように退院支援が出来る看護師になっていきたいです。