【東邦大学医療センター大森病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大森病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおもりびょういん)

患者さんの少しの変化にも多面的にアンテナをはりながら仕事しています

オルタネイト
  • 神経内科
  • 眼科
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 慶應義塾大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

大学病院で特定機能病院、3次救急のある病院に就職したいと思っていました。インターンシップに参加した際、看護師が患者さんの傍によりそいながら看護している姿を見て、この病院で働きたいと思いました。専門看護師・認定看護師が多く活躍していることも決めた理由です。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

眼科の患者さんは生活習慣病を患っている方が多く、退院時の指導や、退院後の生活を整える事が大切です。指導した患者さんから退院時に感謝の言葉をいただいた時はとても嬉しくやりがいを感じます。病棟では退院支援についての勉強会もあり、学びを深めることができます。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

まだ慣れていないため日々業務に追われることが多く、一人ひとりの患者さんとゆっくり関われることが少ないです。だからこそ挨拶や処置に伺った時は、たとえ短時間でも多方面にアンテナをはりながら、患者さんの声や顔色などの変化をキャッチできるよう心掛けています。
2017年12月記