【東邦大学医療センター大森病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大森病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおもりびょういん)

外来から継続して妊婦さんにかかわれるところに惹かれました

オルタネイト
  • 産科
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 熊本大学出身

現在のお仕事について教えてください。

産科病棟では、MFICUや一般病棟で分娩期、産前産後のお母さんのケア、正常新生児室のケアを行っています。入院中のお母さんの様子を見て、退院後専門的ケアが必要な場合は地域の保健師さんへ引き継いだり、切迫早産で長期入院しているお母さんには、いつ生まれるかわからない不安を軽減できるよう看護しています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

大学病院で総合周産期母子医療センターがあるので、高度な医療や助産ケアが学べると思い、大森病院に決めました。病棟と助産外来が一元化しており、不妊治療後に妊娠したお母さんをはじめ、外来通院中から入院、退院後まで継続して妊産婦さんと関われるところに惹かれました。また近くに大学の図書館があるのでいつでも勉強ができる事や、羽田空港に近く交通の便が良い所も志望の理由です。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

大森病院で助産師として知識を深め、周産期全体を診れるようになりたいと思っています。不妊外来で妊娠前の事を学んだり、将来的には産後ケア施設で産後の育児不安を抱えるお母さんのために働いていきたいです。
2018年1月10日記