【東邦大学医療センター大森病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大森病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおもりびょういん)

「この病院で手術を受けて良かった」と思ってもらえるような看護を提供したい

オルタネイト
  • 手術室
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 宮崎大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

手術室看護師をめざして、大森病院のインターンシップに参加しました。その際、看護師は手術室の中だけではなく患者さんが安心して手術に臨めるよう、麻酔科外来や病棟でも看護を提供する様子をみることができました。この病院の手術室でなら、患者さんの気持ちによりそった看護を提供できる手術室看護師になれると思ったので、大森病院を選びました。

印象に残っているエピソードを教えてください。

入室時の患者さんはみな緊張しているので、不安軽減のために声かけを行なったり傾聴しています。ある日、麻酔導入前に「起きたら声をかけますね」と声かけをした患者さんがいました。その患者さんが手術後に麻酔から覚めた時、患者さんのほうが私の名前を呼んでくださり、にっこりと笑ってくれたことがありました。とても嬉しく、これからも一人ひとりの気持ちによりそえる声かけを行っていこうと思いました。

看護学生のみなさんへ!

当院はすべての診療科の手術を行っており、たくさんの症例を担当することができるので、自分の能力を高めることができます。初めての手術でわからないことがあったり、困った時は先輩に相談できます。先輩はみな丁寧に教えてくれるので、安心して業務にあたれます。

2018年2月6日記