【東邦大学医療センター大森病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大森病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおもりびょういん)

日々、達成感を感じながら看護しています。

オルタネイト
  • 手術室
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 杏林大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

領域別実習での経験をきっかけに、手術室の看護師として働きたいと考えていました。当院は、新卒看護師でも手術室に配属されており、教育に力を入れていることを知り、入職を希望しました。
また、病院周辺には設備の整った寮もあり、住宅補助、休暇等の福利厚生が充実しており、働き続けられる環境だったことも入職の決め手になりました。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

術前外来や術後訪問は、患者さんと一対一で会話ができる貴重な機会です。術中も一人の患者さんと向き合うため、濃厚な時間を過ごしていると感じています。手術や全身麻酔は、患者さんに大きな侵襲がかかる治療です。緊張する場面や責任を感じる場面も多いですが、麻酔科医・執刀医・他の看護師スタッフと一丸となって協力し、手術が終わり患者さんを病棟に送り出す時、大きな達成感を感じています。

看護学生のみなさんへ!

生命と向き合う現場なので、大変な事はたくさんあります。最初は自信が持てないことばかりです。その時に頑張れるのは、同期の存在と、仕事をする中で感じる達成感、そして仕事以外のことでも夢中になれる何かがあることだと思います。学生の時にしかできないことはたくさんあります。たくさん学び、遊んでください。皆さんが看護師になりたいと思った時の気持ちを忘れずに学生生活を過ごしてください。(2018年10月記)