【東邦大学医療センター大森病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大森病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおもりびょういん)

患者さんによりそった看護を行える助産師を目指しています。

オルタネイト
  • 産科
  • 看護師
  • 助産師
  • 職歴0年
  • 東都医療大学出身

現在のお仕事について教えてください。

先輩の指導を受けながら、妊産褥婦・新生児のケアを実施しています。妊娠期では切迫早産や悪阻等で入院している患者さんのケアを、分娩では経腟分娩だけでなく、帝王切開術の介助や生まれてすぐの児のケアを、産褥期では母児に対する母乳育児支援等や帝王切開術後であれば術後のケアを実施しています。サポートを受けながら日々学び、少しずつですが自分でできることが増えてきました。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

助産師は出産という命の誕生に立ち会います。命にかかわる仕事であることを忘れずに、安全、そして安楽なケアの実施ができるよう心がけています。
また、患者さんの背景や思いに合わせたケアが実施できるよう、患者さんのことを知ろうとする気持ちを常に持ち、信頼関係を築くことを心がけています。わからないこと等はそのままにせず、先輩に相談しながら看護を行えるように心がけています。

看護学生のみなさんへ!

就職してすぐは緊張と不安でいっぱいでしたが、日々支援を受けながらケアを実施し、患者さんから感謝の言葉をいただいた時はとても嬉しかったです。
今皆さんは、実習や国家試験に向け頑張っていることと思います。実習での患者さんとの関わりやケアの中から学んだこと、座学で学んだことは、国家試験だけでなく、就職してからも繋がっていると実感しています。
日々の学びを大切に頑張ってください。(2018年10月記)