【東邦大学医療センター大森病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大森病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおもりびょういん)

いつも元気な笑顔で、はきはきと!

オルタネイト
  • 消化器外科
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 北海道科学大学出身

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

入職したばかりで、まだまだわからないことがたくさんあります。わからないことはそのままにせず、自ら調べたり、先輩にすぐに聞くようにしています。疑問を抱いたまま不安な気持ちで仕事をしてしまうと、事故に繋がってしまうと思うので、〈勉強する〉〈質問する〉という気持ちを常に持って働いています。
患者さんに不安を与えないよう、そして患者さんに元気を与えられるよう、いつも笑顔で接するようにしています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

看護は、人と密接に関わり、命を預かるという大きな責任があります。
毎日患者さんのケアを行い、医師に今後の治療方針を確認したり、先輩看護師と看護計画を立案したり、患者さんが早期に退院できるように支援を行っています。検査や手術などの治療を終えて、退院していく姿を見ると、とても大きな達成感が得られます。患者さんから、「ありがとう」と言っていただいた時は、この仕事に就いてよかったという気持ちになります。

看護学生のみなさんへ!

私は、看護師という責任の大きな仕事に就くことに不安がありました。勉強することも多く、大変だと感じていました。
しかし、大森病院に就職し、様々な患者さんと関わりながらたくさんの経験をし、今は、学ぶことがたくさんあることに嬉しさを感じています。
今、皆さんも勉強が大変だと思いますが、学んだ事は全て働いてから役立ちます。頑張ってください。そして、学生生活を楽しんでください!
(2018年12月記)