【東邦大学医療センター大森病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大森病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおもりびょういん)

お母さんのいいお産の支えになりたい。

オルタネイト
  • 産科
  • 看護師
  • 助産師
  • 職歴1年
  • 中林助産院出身

現在のお仕事について教えてください。

産科病棟では5セクションを1年間かけてローテーションし、一つひとつ学んでいきます。これまでに分娩室・MFICU・産褥室を経験し、分娩は16件介助しました。現在は新生児室を担当しており、日々赤ちゃんの寝顔に癒されながら、お母さんと赤ちゃんが安心して退院後の生活を送れるようケアしています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

いいお産ができるとお母さんの気持ちが前向きになり、その後の育児にもつながっていきます。お産の痛みで挫折しそうになっているお母さんに励ましの声をかけ、無事お産ができた時はとても感動し、助産師になってよかったとやりがいを感じます。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

今は大学病院で基礎をきちんと学びたいと思っています。将来は生まれた子供の成長を見守ることができるような、地域の病院や保健所などで仕事をしていきたいと考えています。
2016年2月16日 記