【東邦大学医療センター大森病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大森病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおもりびょういん)

心によりそう看護をめざして

オルタネイト
  • 消化器外科
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 東京医療保健大学(東が丘・立川看護学部)出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

当院を志望した理由は、インターンシップに参加した際に、痛みの訴えがあった患者さんの苦痛が少しでも軽減するよう痛み止めだけではなく、清拭やマッサージを行っている場面を見る機会がありました。このように、急性期病棟でも患者さんを第一に考え看護を行っている場面をみて、私も一緒に働きたいと思ったのが一番の理由です。また、新人の教育体制も充実していたのも一つの理由です。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

私が勤務している消化器外科病棟は、急性期病棟ということもあり、患者さんの入退院や手術の件数が多く、日々業務に追われています。しかし、少しでも患者さんの気持ちによりそうことができるよう、清潔ケアや離床をするときなどに時間を作り、患者さんの不安や悩みなどを聞くことを意識しています。このように、患者さんの気持ちを一番に考え、より良い看護を提供していくことを心掛けています。

看護学生のみなさんへ!

当院は、入職直後にまず集合研修を行い、病院の概要や看護技術を学びます。また、プリセプター制をはじめとし相談できる先輩たちがいます。このように、新人の教育体制がしっかりしており、日々先輩からの指導により毎日学べる環境が整っています。ぜひ一度当院のインターンシップや病院説明会に参加してみてください。一緒に働けることを楽しみにしています。
2019年12月 記