【東邦大学医療センター大森病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大森病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおもりびょういん)

夢の実現に一歩ずつ近づいている手ごたえを感じています。

オルタネイト
  • 内科
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 東邦大学出身

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

患者さんの安全を第一に考えて行動しています。間違いや不足がないか、忙しい時でもマニュアルに沿った確認を徹底できるよう心がけています。また、自分一人で行っても大丈夫かどうかを判断することも、大切な責任だと考えています。初めての処置や一人での実施に不安を感じる時などは、先輩に声をかけて一緒に確認してもらっています。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

将来は地域の施設や訪問看護ステーションなどで、在宅看護をしたいと思っています。患者さん・ご家族が、住み慣れた土地や自宅で安心して暮らせる支援ができる看護師を目指しています。そのためには、確かな知識、技術、判断力、応用力が重要です。病院とは異なるさまざまなご家庭にあった看護を提供できるよう、大森病院でしっかり学び自分の夢の実現につながる努力をしていきたいと思っています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

清潔や移乗の介助、点滴作成、処置など、一人でできることが増えてきました。最近は重症患者さんを担当するようになり緊張もしますが、自信がつき嬉しく思っています。また、任された仕事を最後まで一人でやり遂げられたときはやりがいを感じています。
2016年2月16日 記