【東邦大学医療センター大森病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大森病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおもりびょういん)

自分の将来を見つけられる病棟です。

オルタネイト
  • 救命センター
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 札幌医科大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

3次救急の大学病院に就職したいと思い、いくつかの病院のインターンシップに参加しました。そのなかでも大森病院の救命センターのインターンシップに参加したとき、緊張の中でも先輩・後輩の関係がよく、お互いが笑顔で話をしていました。病棟全体の雰囲気もアットホームだったということで、ここに入職を決めました。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

東邦大学には、専門看護師・認定看護師・DMATなどの資格取得のための研修支援制度が整っています。私の勤務する救命センターにもそうした資格を持ち活躍する先輩がたくさんいます。私も現場での知識・スキルを高め、看護観を深めていき、将来的には資格を取って自立したいと考えています。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

初めて仕事で失敗してしまった時は落ち込みました。でも、先輩が一緒に振り返りをしてくれ「次からはこうすると良いよ」と教えてもらい、少し気持ちが楽になりました。次は失敗しないように頑張ろうと思えるようになり、今では注意されても、「自分の成長のため、患者さんの安全のためにしてくれている」とポジティブに受け止められるようになりました。
2016年7月29日 記