【京都大学医学部附属病院】のインタビュー

京都府・大学病院

京都大学医学部附属病院 (きょうとだいがくいがくぶふぞくびょういん)

改善をくりかえし進歩することに達成感と嬉しさがあります

オルタネイト
  • 消化器内科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 天使大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

初めは北海道か関東で探していましたが、昔から京都が好きで、就職を機に住めたらという思いもあり京都も候補に入れました。様々な病院を見学した結果、本院が設備・人間関係・経験できる看護内容、教育が充実していると思いました。研修での技術獲得の機会が多く、練習用の設備環境も整っていました。英語を学べるask meナース、静脈内注射の確実な技術・知識の獲得を目指すIVナースなど他にはない取り組みも魅力でした。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

他の病院で確定できなかった癌や腫瘍を内視鏡で精査する目的の入院の方が多く、最初は内視鏡の種類や内容、検査に応じた看護を覚えていくのが大変でした。パートナーシップのため、1人で受け持つよりも多くの患者さんを受け持ち、保清に加え検査出しもあり、どう時間を使っていくかが課題でした。先輩にアドバイスを貰いながら次こそはと改善していき、患者さんからお礼を言われた時には達成感と嬉しさがあります。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

検査結果で癌が確定する方も多く、本人と家族をどうサポートしていくかも大切な看護になります。普段からコミュニケーションは大切にするようにしており、不安をなかなか話せない患者さんから気持ちを打ち明けてもらえた時や、「あなたが担当でよかった」と言ってもらえた時は本当に嬉しく、日々患者さんから元気をいただいています。