【京都大学医学部附属病院】のインタビュー

京都府・大学病院

京都大学医学部附属病院 (きょうとだいがくいがくぶふぞくびょういん)

充実した教育体制で成長を実感

オルタネイト
  • 腎臓内科・免疫膠原病内科
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 滋賀県立大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

教育体制が充実していることが就職を希望した理由でしたが、期待以上でした。集合研修で看護技術を学び、部署で実践を積む中で、自らの成長を実感しています。

現在のお仕事について教えてください。

集合研修で看護技術を学び、部署で実践を積む中で、自らの成長を実感しています。諸先輩からの指導も手厚く、恵まれた環境に感謝する毎日です。当院ではPNSを導入しているため、疑問や不安があればその場で相談でき、またパートナーの働く姿から多くのことを学ぶことができます。このような充実したサポート体制の下でゆとりを持って働きながら、患者さんと関わる楽しさを感じています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

専門性の高い最新の医療によって患者さんの病状が上向く様子を見ると、看護師としてのやりがいを感じます。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

2交替制のため夜勤明けの休日が長く、プライベートの時間をしっかりと確保できます。休日には寮での一人暮らしを満喫しています。寮から河原町界隈まで近いので、同期やサポーターと食事に行くこともあります。同期とはお互い切磋琢磨しながら高め合い、些細なことでも相談しあえるので、心強く感じています。仕事も休日もこれほど充実しているのは京大病院に就職したからだと自信を持って言えます。

看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。

今後も人間としての成長を続け、一人前の看護師になれるように努めます。