【京都大学医学部附属病院】のインタビュー

京都府・大学病院

京都大学医学部附属病院 (きょうとだいがくいがくぶふぞくびょういん)

安心して楽しく成長できる場所

オルタネイト
  • ICU
  • 看護師
  • 職歴10年
  • 近畿高等看護専門学校出身

印象に残っているエピソードを教えてください。

ICUで働いています。肺移植術後に状態が悪くなり、人工心肺装置をつけないといけないほど重症化した患者さんがいましたが、状態が良くなり、ICUを退室し、退院時には家まで歩いて帰れるほどになりました。退院後の外来受診のときにICUに来てくれて、「ICUでお世話になったことは覚えています。あんなにしんどい時期に一緒に息を整えてもらったり、励ましてもらったりしたこと嬉しかったです」と声を掛けて頂けました。

現在のお仕事について教えてください。

京大病院は肺、肝臓、膵臓、腎臓などの移植手術をしています。肝臓や肺移植の症例数は日本でもトップクラスです。私は2016年の4月に京大病院に入職してICUに勤務していますが、ICUでは医師や臨床工学技士、理学療法士などの多職種と一つのチームとなり、最先端医療が行われています。看護もエビデンスを基に実践されています。

教育体制などについて教えてください。

最先端医療が展開されているというと、「覚えることがいっぱいで、ついていけるかなぁ。。。」という人もおられるかもしれませんが、京大病院は教育体制が充実しています。まず、看護体制については、日中看護師1〜2人で患者さん1人を担当しており、フォロー体制が組まれているので安心です。新人離職率も低く、中途採用者に対しても、これまでの看護師経験などを配慮し、段階的にステップアップできるようになっています。

看護学生のみなさんへ!

職場以外でも、スタッフとの飲み会やメンズ会などがあります。また、他病棟のバーベキューなどに参加させてもらうこともあり、他の病棟のスタッフとの繋がりが強いことも京大病院の強みだと思います。安心して、楽しく成長できる京大病院に良かったらお越しください。