【京都大学医学部附属病院】のインタビュー

京都府・大学病院

京都大学医学部附属病院 (きょうとだいがくいがくぶふぞくびょういん)

「患者さんの安全を守れる看護師を目指して」

オルタネイト
  • SCU
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 京都看護大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

私は、実習やインターンシップで当院を知り、高度で専門的な医療を提供する大学病院の急性期看護を経験し、その中で興味のある脳神経系を学びたいと思い、当院のSCUを希望しました。インターンシップでは、どの診療科も看護師同士でコミュニケーションを密にとりながら、協力し合って働いている環境に惹かれたことも当院を志望したきっかけです。

現在のお仕事について教えてください。

私が働いているSCUでは、手術後や緊急入院などで重症な患者が多い病棟です。また、患者の状態も不安定で日々、変化していくため、どんな細かなことでも見逃さない観察力、今起こっていることやこれから起こりうることを考えるアセスメントカ、安全で安楽かつ障害に合わせ残存能力を引き出せる看護技術が必要です。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

カンファレンスでは、医師・看護師・薬斉鵬市・理学療法士・メディカルソーシャルワーカー・栄養士など他職種と意見交換することで様々な視点から患者さんを見ることができるようになります。このような、職場で働き、患者を多角的にアプローチして、支えられるような看護師になりたいと思っています。

看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。

scuは術後患者や緊急入院された患者など、日々、患者さんの状態が変化していく中で迅速かつ適切な観察力・アセスメントカ・看護技術が必要な病棟です。ーつひとっ根拠をもって看護できるように指導して頂いています。私も勉強に励み、一人前の看護師になれるようになりたいと考えています。