【京都大学医学部附属病院】のインタビュー

京都府・大学病院

京都大学医学部附属病院 (きょうとだいがくいがくぶふぞくびょういん)

妊産婦さんにとって安心安全を提供できる助産師を目指して

オルタネイト
  • 産科
  • 助産師
  • 職歴0年
  • 聖バルナバ助産師学院出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

総合周産期母子医療センターとして、ハイリスク妊産婦へのケアが学べ、新人新人教育も充実した当院に魅力を感じ入職しました。

現在のお仕事について教えてください。

当院には、ハイリスク妊産婦さんが多く、安全管理が重要になってきます。幅広い視野や知識を持ち、迅速な判断ができる先輩の下で働けることが自分の成長につながっています。一年目でまだまだ初めてのことや、不安なことも多いですが、先輩方は丁寧に教えてくださり、何かあればすぐに相談もできやすいため、安心して働くことができる職場です。

印象に残っているエピソードを教えてください。

総合周産期母子医療センターとして、ハイリスク妊産婦へのケアが学べ、新人新人教育も充実した当院に魅力を感じ入職しました。入職し、お産の介助に入らせていただく中で、生まれてきた赤ちゃんの顔を見た時の産婦さんのほっとしたホッと安心した表情に、私はこの上なく幸せを感じます。

京都大学医学部附属病院の他の先輩の声もチェックする