【錦秀会】のインタビュー

大阪府・一般病院・療養型・ケアミックス・老健施設・医療法人

錦秀会 (きんしゅうかい)

「報告・連絡・相談」が大切だと実感しています。

オルタネイト
  • 内科
  • 外科
  • 整形外科
  • 眼科
  • リハビリテーション科
  • 歯科口腔外科
  • 麻酔科
  • その他
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 大阪府医師会看護専門学校出身

印象に残っているエピソードを教えてください。

終末期で容態の芳しくない患者様がいました。患者様の奥様は入浴が好きだったので入浴させたい!と希望されていましたが、状態的に難しく一緒に全身清拭を行いました。そして、数日後に患者様は亡くなってしまい、何も力になることができなかったと思っていましたが、奥様より「清拭を手伝わせて頂きありがとうございました。」とメッセージを頂き、少しでもご家族様の心に寄り添うケアができていたのかなと思い、嬉しかったです。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

スタッフ間の「報告・連絡・相談」を怠らないように心掛けています。わからない事や不安な事があると、患者様に迷惑をかけてしまうので、少しでも悩んだ時は先輩看護師さんや同僚に相談し、何かあった時はすぐに責任者へ報告しています。患者様の情報等、些細な事でもスタッフ間で共有し、統一した看護をできるようにする事が大切なので、これからもスタッフ間でコミュニケーションを取り合う事を心掛けていきたいと思います。

看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。

先輩看護師さんのように一つ一つの仕事を確実に、優先順位を考えて迅速に仕事ができるようになりたいので、少しずつ経験を積んで、日々学び、自己学習に励んでいきたいと思っています。また、急変時など何かあった時も適切に対応できるようになりたいので、どんな時でも常に気遣いや心配りを忘れず、患者様や周りのスタッフから信頼され、患者様の心に寄り添える温かみのある看護ができるような看護師を目指したいと思います!