【錦秀会】のインタビュー

大阪府・一般病院・療養型・ケアミックス・老健施設・医療法人

錦秀会 (きんしゅうかい)

一生懸命勉強した事は必ず臨床の現場で役立ちます!!

オルタネイト
  • 内科
  • 神経内科
  • 皮膚科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 西神看護専門学校出身

現在のお仕事について教えてください。

私の勤めている病棟は認知症の患者様が多く入院されており、精神疾患を併発されている方も少なくありません。また高齢者の方がほとんどで、様々な慢性的疾患を患われています。そのような患者様の内科的な看護だけでなく、認知症のBPSD(周辺症状)のリスクが高い患者様にはどのような看護を行うのか、精神的に不安定になっている患者様に安心していただく為にはどうすれば一番良いのかなどを日々考えながら働いています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

認知症の患者様は、上手く日常生活行動が出来ない事により自己効力感が低下したり、脳の器質的な変化により突然怒り出したり、泣き出したりする感情失禁や、「家に帰りたい」という帰宅願望から病棟内を徘徊するなど、様々なBPSD(周辺症状)が日々変化して表れます。そういった患者様に対しては、目線を合わせてタッチングなどを行い、笑顔で静かな口調で話しかけるユマニチュードの技法を用いて接することを心掛けています。

看護学生のみなさんへ!

様々な疾患についての病態生理の勉強、患者様の疾患に合わせたパンフレット等の媒体作りに悩んでいる方もいるでしょう。また、看護師国家試験の勉強の進み具合に不安を感じている方も多いと思いますが、一生懸命勉強した事は必ず臨床の現場で役立ちます。もちろん新しく勉強する事もたくさんありますが、学生時代に勉強すればする程、新人として病棟に立つ時の自信に繋がると思います。今はつらいと思いますが頑張ってくださいね!