【順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター】のギャラリー

東京都・大学病院

順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター (じゅんてんどうだいがくいがくぶふぞくじゅんてんどうとうきょうこうとうこうれいしゃいりょうせんたー)

『思いやりと慈しみの心』で高齢者の自立を支援します
院内はバリアフリーと木目調の内装で人に優しい環境を提供
季節の飾り付け、ボランティアコンサートなど様々なイベント
ワンルーム個室。独立洗面台、浴室乾燥機など設備充実

患者さんの特性に配慮した高齢者看護の提供

看護部では患者さんが安心して療養に専念できるように、患者さん個々の生活背景や習慣、価値観などを尊重し、高齢者の特性に配慮した生活環境を提供することを大切にしています。また、高齢者看護の専門性を高めるために各分野の認定看護師を配置するとともに多職種の連携によるチーム医療にも力を入れ、多面的な視点から、患者さんの生活の質の維持・向上にむけた最適な医療・看護の提供に努めています。

高齢者看護に求められるもの

高齢者看護では、多様な病態を総合的にアセスメントし、様々な問題やニーズに適切に対応できる看護実践能力が必要です。特に認知症患者さんへの看護介入では、出現する様々な症状や心理状態を正しく理解し、患者さんを受け入れるためのコミュニケーションの工夫が求められます。これらの能力を身に着けるためには、主体的に学ぶ姿勢と問題解決能力、そして人間性を高めるための向上心が必要です。

高齢者に必要な知識や技術を段階的に学べる看護体制

超高齢社会の日本において、高齢者看護はまさに必要とされる分野です。看護部では高齢者看護の実践能力を高めるために、認知症看護や終末期看護、摂食嚥下障害看護など高齢者に必要な知識や技術を入職一年目から段階的に学べる体制を用意しています。